HOME > プログラム概要 > 概 要

概要

大阪府立大学では、文部科学省による、科学技術振興調整費「イノベーション創出若手研究人材養成」事業として、「地域・産業牽引型高度人材育成プログラム」の実践を平成20年7月1日より開始し、平成25年3月末で5年間の補助期間が終了しました。その間、中間評価では唯一校『S』評価を頂き引き、博士人材への育成の成果が認められました。ひき続き、平成24年度採択された公立3大学(大阪市立大学、兵庫県立大学、本学)で推進している「ポストドクター・キャリア推進事業」の「公立3大学 産業牽引型ドクター育成プログラム」に参加し博士人材の育成を継続していきます。
 一方、産学協同高度人材育成センター(IDec)では平成22年度に採択された、産業界で輝く博士研究リーダーの養成を狙いにした「実践型研究リーダー養成プログラム」を実践中で、前記「公立3大学 産業牽引型ドクター育成プログラム」と並行し博士人材の育成を実践して行く事になります。

公立3大学 産業家人型ドクター育成プログラム

本プログラムは、理学、工学、生命科学の学問領域で強みを発揮してきた伝統ある研究型3公立大学協働の地域貢献型人材育成事業で、高度な研究能力と産業牽引力を両立させたポストドクターが産業界の多様な場に進出する流れを3大学共同で創りだすことに狙いにしています。そして産業を牽引する高度研究人材を輩出することによって、地域を中心とした産業の活性化に貢献し、人材育成・活用の好循環を生み出すシステム改革を行うことにあります。
 高度研究型大学における研究シーズと企業ニーズとの結びつきが産業界を変革していくことは明らかですが、一方で、わが国独自の学術研究成果とそれを牽引する人材を産業界にいかに有効に結びつけるかは現在課題の一つとなっています。
 この課題の最も根本的かつ長期的見地からの解決方法は、学術研究と産業応用の両面で高い能力を有し、かつ両者の垣根をその意識から取り払った人材を継続的に育成する教育体制の構築によって推進するものと考えます。
 産業界をはじめとする多様な分野でその研究能力を発揮し、イノベーション創出を強く期待されている今、本プログラムではアカデミアだけでなく、若手研究者のキャリアパスを拓くため、高い産業創出意欲を持ち、 企業で新しい風を吹かせることができる博士研究者を育成しようとしています。

ページトップへ

実践型研究リーダー養成プログラム

平成20年度から実施し平成25年3月に補助期間が終了した「地域・産業牽引型高度人材育成プログラム」(Dプロ)に加えて,平成22年度から文部科学省「実践型研究リーダー養成プログラム」として委託された「地域・産業牽引型研究リーダー養成プログラム」(Lプロ)を実施しています。両プログラムとも博士後期課程在籍者に対して,将来産業界でも活躍する道を開く多様なプログラムを主に博士後期課程学生およびポスドクに提供するものです。
 高度研究型大学における研究シーズと企業ニーズとの結びつきが産業界を変革していくことは明らかですが、一方で、わが国独自の学術研究成果とそれを牽引する人材を産業界にいかに有効に結びつけるかは現在課題の一つとなっています。

詳細は下記URLをご確認ください。
  ⇒ http://www.lp.21c.osakafu-u.ac.jp/program

ページトップへ