HOME > 学生の皆様へ

学生の皆様へ

学生、ポストドクターの皆さんへ

高度な研究能力を有する博士課程修了者は、研究人材の中核として日本の科学技術を牽引する存在であるとともに、産業界においてもイノベーション創出の中核を担うことが期待されています。特に産業における日本の国際競争力向上のためには、今後、博士課程修了者が企業においてその役割を果たすことが期待されています。

大阪府立大学では活発な産学連携活動の中で研究者を育て、高い割合で産業界へ博士課程修了者を送り出してきました。さらに「基礎研究能力と産業応用指向を高いレベルで調和させた研究者」の育成を格段に強化すべく、 文部科学省による、科学技術振興調整費「イノベーション創出若手研究人材養成」事業として、「地域・産業牽引型高度人材育成プログラム」の実践を平成20年7月1日より開始し、平成25年3月末で5年間の補助期間が終了しました。
その間、中間評価では唯一校『S』評価を頂き引き、博士人材への育成の成果が認められました。 ひき続き、平成24年度採択された公立3大学(大阪市立大学、兵庫県立大学、本学)で推進している「ポストドクター・キャリア推進事業」の 「公立3大学 産業牽引型ドクター育成プログラム」に参加し博士人材の育成を継続していきます。また平成22年度より、「実践型研究リーダー養成プログラム」をスタートし、博士後期課程学生を対象としたカリキュラムを 4コース「イノベーション創出型研究者養成Ⅰ~Ⅳ」を構築し実践しています。

本プログラムの目的は、産業界でイノベーション創出の核となる意欲に満ちた博士課程修了者を養成すること、またそれを実現するための育成システムを組織的に構築することにあります。本プログラムに参加する博士後期課程大学院生(DC院生)や博士研究員(PD研究者)は、異分野融合的研究能力を身につけるための高度研究プログラムのほか、企業と共同で構築する産学連携研究プログラム(実践プログラム)等を経験します。産業を牽引する研究者は、卓越した専門知識、高い独創性、チャレンジ精神のほかに、高い産業創出意欲、研究ニーズの発掘力、研究マネージメント能力などが期待されます。実践プログラムでは、大学と企業の共同研究に参画し、3ヶ月以上企業の研究現場に身を置くこと(PDDC院生により、それらの資質を身につけてキャリアを拓いていくスタートとします。特に実践プログラムにおいては、企業における研究や異分野の研究を経験する中で、イノベーション創出を担う能力を磨きます。このプログラムで能力を発揮したDC院生やPD研究者は、参画した企業へ正規採用される道が拓かれる場合があります。

本プログラムは、国際的な幅広い視野と実社会のニーズを踏まえた発想を持つ、産業創出型の新しいタイプの博士課程修了者を養成するためのプログラムです。より高度な研究を目指す意欲のあるDC院生、PD研究者の皆さんは、自らの可能性を追求するためにも、是非この機会を利用してください。

プログラム運営委員会

ページトップへ

IDecを利用して産業界で輝いてほしい

大学だけで育てるという発想を転換
>>拡大表示

ページトップへ